生寿苑に伝わる逸話「座敷わらし」
あったこったか、なかったこったか。あったこったと思って聴かっさい。

昔、日がとっぷりと暮れて、もうあたりは薄暗くなって来た頃だったと。


峠に向かって若い夫婦もんが、猿ケ京にやって来た。


 
 
 「明るいうちに峠を越えべぇと思ったけぇど、ここで薄暗くなっちまった。
 
軒下でもいいから泊めてもらうべぇと思って戸をたたいたけぇど、どの家も一見の旅のもんじゃ泊めてくれねぇや」
 
 「どうするべぇ」
 
 ちゅうで、途方にくれていたんだと。そうしたら、村のはずれに明かしがぽつんとあるんで行くとお堂があったので、
 
 「縁の下でもいいから泊めてもらうべぇ」
 
 ちゅうで戸をたたいたら、優しげな婆さまが出て来て、
 
 「それなら、この先にごうぎな家があるから、誰も住んでねぇだから行ってみらっさい」
 
 ちゅうで、ちょうちんまで貸してくれたんだと。
 
 「やれよかった、ありがとうがんす」
 
 と、行ってみると、間口15間、奥行き5間のごうぎな家だ。

 ところが中へ入ろうと思っても、ガタピシガタピシして戸が開かねえ。
 
 ようやく開いたんで、ちょうちんを照らしてみたら、蜘蛛の巣だらけ、ほこりがつもってる。

 けぇど囲炉裏はごうぎだし、炉ぶちもいい板げだ。大黒柱もふてぇもんだ。
 
 「夜露をしのげるだけでも有難てぇ」
 
 ちゅうで、疲れもあってそこで寝ちまった。
 
 朝、起きたら雨がペチャペチャ降ってる。
 
 「急ぐ旅じゃねえ、しばらく世話になるべぇ」
 
 ちゅうで その周りを掃除をしたら、まるで長者さまの屋敷みとうにりっぱな家なんだと。

 お堂の婆さまが来て
 
 「夕べは、あっちゃなかったかい」
 
 ちゅうんで、
 
 「ああ、でっけぇ家でよく寝られた。空のあんばい悪りいんで、もうちょっと居てもいいかい」
 
 と言ったら、びっくりして
 
 「へぇ、この家に泊まったもんは、誰でも這いずり出て行っちまうのになぁ。そいじゃ、すきなだけ居ろ」ちゅんだと。

 「有難てぇ」
 
 ちゅんで 居たら、川の氾濫だちゅうで、村の男衆は、みな駆り出されて行くところだ。
 
 猫の手も借りてぇちゅうで、婆さまに頼まれて、この旅の若い夫婦もんの父っあんも、村人の助っ人に出た。

 そしたら働きっぷりがいいんで、夜も見張りしてくれちゅうで、帰って来ねぇ。
 
 おっ母さんのほうが、一人になっちまって夜なべに囲炉裏はたで、ぼろっとじをしていたんだと。
 
 そうしたら廊下の方で

     とんとんとんとん
 
 と子どもが飛び跳ねてる音がして、かわいいげな歌まで聞こえる
 
 月 火 水 木 金 土 日曜日

 
 山の風そよ吹けば 山の神様三大師

 けっくりかっくり 水曜日

 
もっくり金時 どっといしょ 日曜日


 
 「へぇ、誰だや、出てこう。おいおい、誰だ、出てこう」
 
 って呼んだと。しばらく音を立てていたが、そのうち居なくなっちまった。

 次の晩、また、
 
     とんとんとんとん
 
 と家中を跳ね回って、歌うたってるげだ。
 
 「恥ずかしがらねぇで、来いや。炒り豆あるで」
 
 ちゅうたら、すーと戸が開いて、かわいげなケシ坊主の頭した男っ子が顔を出した。
 
 そしてまたすーっと廊下に行ってしまって、いくら呼んでも入ぇって来ねえ。

 
 その次の日、また音がしたんで
 
 「こっちは来う。今日はうんめぇ団子こしゃえて待ってたぞ」
 
 ちゅうたら中は入ぇて来て、おっ母さんのまわりをとんとん跳ねてる。

 
 団子出したら食って、なわとびなんぞ持って遊んでるだ。
 
 「そいじゃ おっ母が歌ってやるべぇ。

 
  月 火 水 木 金 土 日曜日

  山の風そよ吹けば 桜の山越えて

 
  ぴいぴいひゃらひゃら三大師

  それ入れ それ出ろ」
 
 すると嬉しがって遊んでいる。

 
 そのうち、おっ母さんのひざの上に上がって遊ぶようになったんだと。

 すると、ケシ坊主の男っ子が
 
 「おっ母ぁ、毎日遊んでくれてうれしかった。おらぁ、この大きな家に長いあいだずうと一人っきりでいただよ。人がこの家に来るには来るが、おらが出てゆくと、誰もが、出たぁ!ちゅうで逃げて行っちもう。もうさびしくてさびしくてどうしょうなかった。けぇどおっ母ぁが来てくれて、炒り豆してくれたり、だんご食わしてくれたり、歌歌って遊んでくれてよかった。
 
あらぁ、おきのでぇの畳の下に居るだから、掘ってもらいてぇ」
 
 ちゅうだと。

 
 その翌日、おっ父っぁんが帰って来たんでそのことを話すと
 
 「狐かたぬきに化やかされているんだっぺ。まぁいいや、退治してくれべぇ」
 
 ちゅうで、言われたように掘ったら、そこからでっけぇ金瓶が出て来て、なかからざくざく大判小判が出てきたんだと。

 
 金瓶が、あんまり長いあいだ埋もれていたんで、
 
 「出してくれ」
 
 ってケシ坊主の座敷わらしの姿になって出てきたんだとさ。

 
 それで、若い夫婦もんは、正直で働きもんだし、いい人だったので村の衆が、居てくれちゅうでいたら、すぐケシ坊主の座敷わらしみたいなかわいい子が産まれて、末永く、村でとくせいに暮らしたんだと。何代かあとの人が、その金瓶を八幡さまに祀って、今が今でも拝んでいるんだと。いつのまにかその話が村ん衆に伝わって、この八幡さまを拝むと宝くじが当たるんだとさ。それが今の猿ヶ京温泉生寿苑のご先祖さまなんだと。

 今でも生寿苑では八幡さまを祀っているから、拝ましてもらうといいだよ。いちがさけた。
 
 

         ※猿ヶ京温泉語りガイド「おとめ婆の祈り」より